勝手に答えるYahoo知恵袋!5| トコちゃんベルトのつけ方(どうもしっくりこない)

勝手に答えるYahoo知恵袋!第5回!

全然更新しなかったこのブログ(涙) 現場が忙しくて…って言い訳はやめておきます…。
「できるだけ!」更新するように頑張ろうと思いますので、ご勘弁を!

さて、久しぶりに更新の今回のテーマは

トコちゃんベルトのつけ方 】について。せっかく購入したのに、何か違和感があってつけられない。

産後の骨盤矯正に伺ったお宅でも、きれいなままのトコちゃんベルトとその他「トコちゃん」グッズが転がっていることが多かったりします。
購入するとパンフレットの正しいつけ方が載ってはいますが、
どうもしっくりこない、違和感がある、なんかお腹に当たるような気がして…、など、
いざつけようと思うと疑問に思うところが出てきます。そんな妊婦さからの質問ですね。

質問:

トコちゃんベルトについて

こんにちは。妊娠8ヶ月の初妊婦です。

先日トコちゃんベルト2を購入したのですが、どうにもこうにもしっくりこなくて全然つけれていません…。

説明書の見よう見まねでつけてみるのですが、まず着けている状態では苦しくて座れません(骨盤高位でつけているはずなのですがお腹が圧迫されるような…)。現在は休職中でほぼ自宅にいますが、日中は資料作成をしていることがほとんどのため座っている時間の方が多いです(座椅子が多い)。
また、寝ている時でもつけていた方がいい、とも聞くのですが、違和感が酷くてイライラして眠れないのですぐ取ってしまいます(;_:)
助産師さんに装着の仕方を教えてもらえないかと頼んだのですがダメでした…。

そこそこ高かったし骨盤ケアはちゃんとしたいのに、こんな状態では産前はおろか産後すら使えないままお蔵入りしそうで怖いです。泣
使っているうちに慣れるものでしょうか…?

産前からトコちゃんベルトを装着されていた方、違和感はありませんでしたか?
座っている時や寝ている時もつけていましたか?

無知でお恥ずかしいですが、体験談やアドバイスを頂ければ嬉しいです。
よろしくお願いします。

(2013年12月)

Answer:

「トコちゃんベルトのつけ方」は購入した時についてくるパンフレットや公式のホームページにも載っています。
トコちゃんベルトⅡのつけ方(着用方法)

「骨盤高位」(別名トレンデレンブルク体位:Trendelenburg position)の状態を作ります。
「骨盤高位」とは仰臥位(上向きに寝た状態)で頭を低く、腰の部分を高くして寝る状態。

骨盤高位
この状態を5分程度保ってから大転子と恥骨結合(つけ方のリンク参照)にかかるようにベルトを装着します。

で、この方の質問。

>着けている状態では苦しくて座れません
8か月にもなるとお腹が大きくなっていて、座った状態ではちょうどベルトを巻いている股関節の部分が、足とお腹に圧迫されて違和感を感じる事が少なくありません。

「座り仕事だから、それではトコちゃんベルトは締められないの?」

そんなんでは役に立ちませんよね。トコちゃんベルトは朝装着したら極力夜までつけっぱなしにすると効果を発揮します。特に腰痛の人など、ベルトを着用しているだけで症状が軽くなることが多く、おすすめしています。

では、どうすればよいのか?

「座位」状態の時間が長くなる場合は、座る前にベルトの後ろ側である「お尻」の部分を少し下げると楽に座ることができます。横から見てベルトの前のラインと後ろ側のベルトの上の部分が平行になるぐらいまで後ろ側を下げるとベルトが少し緩くなり、苦しさがなくなります。

立ち上がった後は、そのままだと歩き辛いので、ベルトのお尻の部分を元の位置に戻してあげましょう。

座っている時間の方が多いです(座椅子が多い)
とありますが、トコちゃんベルトの着用時はできれば椅子に座ると良いですね。
どうしても床で!という場合はお尻の下にクッションや座布団を入れて、股関節の部分が90度より大きくなるようにすると良いです。
そう、股関節の部分より膝が下に来るようにすると嫌な腰痛も改善されます。
言葉だけではわからないと思うので、下記のリンクの「背中やお尻に「低反発クッション」を挟むと、もっとやわらぐ」の絵を参考にしてください。(自分で絵がかけないため、他の方のブログですみません・・・・!)
http://www.youtu-labo.com/ninpu-zakotusinkei/suwarikata.html

そしてもう一つの質問が;

>寝ている時でもつけていた方がいい、とも聞くのですが、違和感が酷くてイライラして眠れないのですぐ取ってしまいます
腰がとても痛い!というのであれば寝ている間も着用したほうが楽になるのですが、そうでない場合は取ってしまってもかまわないと思います。

どうしても「骨盤輪支持」を寝ている間も続けたい!というのであれば、「さらし」や布製の「アンダーベルト」などを巻いてあげると良いと思います。
(骨盤輪支持、骨盤の下の部分をおさえておいてあげるのは妊婦さんに良いですが、「トコちゃんベルト」だけではなく、もちろん「さらし」でも他の妊婦さん用のベルトでもかまいません。要はきちんと正しく着けることが重要です。)

寝不足になってまで着けている必要はなく、良く寝ることの方が重要!普段もお出かけの際に何か違和感があるな、と感じたら外してあげて、無理に着用し続ける必要はありません。

妊婦さん用のベルトを着けるときはできれば「着用指導」を受けて、できるだけ疑問のない状態で続けてあげると良いですよね。

産婦人科やその他、施術院、もちろんママ出張整体の運営する「中目黒カイロ整体院」でも着用指導をしています。是非ご利用ください。

家の近くのトコちゃんベルト着用「指導院」を探すにはこちらをどうぞ。
⇒ トコちゃんベルトを扱っている施設

 

正しいケアで安産を!

ママ出張整体ドットコム
近藤美和子

妊婦の骨盤ケアについて|骨盤輪支持

妊婦さんの「骨盤ケア」について論文を読んだので、せっかくなので復習も兼ねて、みなさんに共有したいと思います。

 

タイトルは

 

切迫早産妊婦に対する骨盤輪支持の有効性の検証

奈良県立奈良病院 主任 助産婦 前田智子さんの論文です。

 

結論としては:

今まで産院に切迫早産などで入院された80名の分析から「骨盤輪支持」をすると、支持しない時に比べ

○ 頸管長短縮の進行が緩やかになった
○ 妊娠36週まで妊娠を継続させる要因にもっとも関与した
○ 腰痛の減少にも関与した

との結果を発表しています。

 

まずは骨盤輪とはどこか?

骨盤輪(こつばんりん)と聞くと「骨盤輪不安定症」?とか産後の骨盤のゆがみによる腰痛やお尻周辺の痛みがまっさきに浮かんでくるかたも多いかもしれません。(これは整体師だから??)

kotuban

骨盤輪とは骨盤のこと。寛骨、尾骨、仙骨で構成されている骨盤の真ん中の穴の部分の輪っかを指してこう呼びます。

 

では「骨盤輪支持」とは何か?

それは、とこちゃんベルトなどに代表される「妊婦さん用のベルト」や「さらし」で骨盤の輪っかのまわりを押さえることです。
ギュッと絞めるのではなくここちよい強さで支持することをいいます。

ちょうど、おへそを触ってそこから横へ手をすべらせたちょっと下にある固い骨。それが ①「上前腸骨棘」 (ジョウゼンチョウコツキョク)の下縁になります。 それと足の付け根部分の両外にある固い骨 ②「大転子」。①と②の間に巻くと、ちょうど骨盤輪を支える状態になります。それが「骨盤輪支持」です。
詳しい数字は割愛しますが、
骨盤輪支持をしていない時は、頸管長は、入院2週間後に平均3.6mm短縮。4週間後に9.5mm短縮。それに対して、
骨盤輪支持を始めてからは、頸管長は、入院の2週間後に平均0.3mm短縮。4週間後に1.0mm短縮。

骨盤輪を支持することによって「頸管長短縮の進行が緩やかになった」ということは「子宮下垂」を予防し、子宮頸管への「物理的刺激」が少なくなったことによって妊娠を継続させる要因になったということ。

一般的に、妊娠25週までは35mm以上、
35週以降は25mm以上あると妊娠が継続しやすいといいます。もちろん子宮頸管が十分の長さがあっても柔らかかったりしたら要注意ですし、短くても固ければ案外大丈夫だったりしますが、ちゃんとした長さが保たれていることは重要です。
そのため、骨盤輪支持をすることによって、頸管長が「短縮しにくくなった」という事は大きな発見であり、それが証明された事は重要だと思います。

 

産後整体をしていると、骨盤ベルトは妊娠中に買ったけど「恥骨が痛くて巻けなかった」とか、「腰痛が取れなかった」、「何に良いのかわからなかったから使わなかった」など色々な話しを聞きます。よく聞いてみると、病院で購入したけど使い方や効能までは教わらなかったとかいう事が多数あります。

どのようなベルトでも、正しい使い方をしなければ意味はありません。

この論文は7年間の実践とデータ分析ですが、たった一つの病院での研究結果から書かれたものにすぎません。被験者数は80人にすぎないため、全ての人に当てはまるか?他の地域でも同じか?などの疑問も残ります。

しかし、

 

妊娠中の「骨盤ケア」

 

の重要性を改めて考えさせられる論文だと思います。

 

ママ出張整体ドットコム
院長 近藤美和子