マタニティ・妊婦さん(腰痛)

このような症状はありませんか?

  •  体から力が抜けたような気がする
  •  お腹が大きくなるにつれお尻のほっぺの部分が痛くなってきた
  •  妊娠初期からしものトラブルが増えてきた
  •  お腹がまだ目立って大きくないのに腰が痛くて起きるのもつらい
  •  妊娠5か月、お腹が目立ってきてから腰からお尻かけてのずーんとした重みがが取れない
  •  寝返りをうつのも痛いほど恥骨が痛む

妊娠中の腰痛とは

妊娠中の来院理由で一番多いのがこの「腰痛」。
妊娠中はお腹が大きくなって腰を反らす姿勢が増えるから、腰への負担が大きくなる、
というのも理由の一つですが、妊娠初期のお腹が殆ど目立たない妊婦さんも腰痛になるケースが多くみられます。

妊娠中の「腰痛」が妊婦独特の「姿勢」だけではないとなると
その原因はなんでしょうか? それは・・・・・一般的な「腰痛」の理由に加えて、

○ ホルモンの影響ともともと強くない靭帯

が原因とされています。


妊娠中のホルモンの靭帯への影響

妊娠をすると「リラキシン」というホルモンが胎盤から分泌されます。
これは主に靭帯をゆるめる作用があるホルモンで、出産の時に、赤ちゃんが狭い骨盤内を通れるように周りの靭帯を緩ませるためにあります。

人間の体は骨と骨を靭帯でつなぎ関節を形作っています。そのつなぎ目である靭帯が緩むと体はどうなるのか?なんとなく想像できますよね?

そう、グラグラになるのです。

ドラマでも見たことがあるでしょうが、昔の日本人は農作業や洗濯、食事の支度一つをするにしても、座ったり立ったりの繰り返しが多く強い「靭帯」を持っていました。そのため、妊娠時に「リラキシン」がでて靭帯を緩めても、骨盤が揺らぐことはなかったのです。と言うより、リラキシンで緩ませなければ骨盤が開きづらかった…。
しかし、今の生活は違います。椅子に座りっぱなしが多かったり、運動量が極端に減ってしまっています。そのため・・・・、

靭帯が緩んだ分、筋肉が固くなり支えようとする ➡ 骨盤周囲の筋肉が固く緊張し血流が悪くなる ➡ 腰痛

になりやすくなるのです。これが妊初期、お腹が大きくなっていなくても「腰痛」になる原因です。


妊娠中の姿勢も腰痛の原因に

もちろん、妊婦さん独自の姿勢も「腰痛」の原因になります。

それでは、妊婦さん全員が「腰痛」になるの? というと、それも違います。

○ バランス
の取れた姿勢をしている妊婦さんは腰痛になりにくいのです。

体は前後左右のバランスが大切になります。妊婦さんの姿勢は一般的にいう「反り腰」姿勢で、看護士さんの教科書にはヒールを履いている女性と並べて「悪い姿勢」と説明されていたりします。
しかし、実際「腰痛」にならない妊婦さんがいるのはなぜかというと、「血行」が良く、筋肉に血が行きわたっているため、痛み成分である「プロスタグランジン」が流されるからです。

バランスの良い姿勢とは全身の筋肉がより良く使える「姿勢」です。筋肉には「拮抗筋」と言って対になっている筋肉があるのですが、妊婦さんはお腹に力を入れることが難しくなるため、腹筋が落ち、その分拮抗筋である背筋がより多く使われ、使い過ぎになり、筋肉がかたくなって血行が悪くなるため、腰痛なりやすくなるのです。

血行を良くするために良く歩いたり、妊婦さん用のベルトをしたり、各妊婦さんにとっての正しい姿勢(バランスの良い姿勢)をして、腹筋と背筋のバランスをとれば腰痛になりにくくなります。


こんな施術をします

マタニティ整体はどちらかと言うとマッサージに近い施術になります。まずは血行を良くします。固くなっている筋肉をほぐすのも血行を良くする方法ですが、それと同時に縮んでいる足の付け根や股関節を動かしやすくしていきます。足の付け根と肩の前には大きな血管とリンパ管が通っています。そこを動かす事によって血行を良くします。

バランスの良い姿勢を作る練習も重要になります。立ち方、歩き方、体の使い方をお教えします。
ベルト(トコちゃんベルトなど妊婦さん用のベルト)をお持ちの方にはベルトの正しい着け方も学んでもらいます。ベルトが無くても、さらしや浴衣の日もなどでできる応急処置的な着用方法もお教えします。


実際の症例 (30代女性 会社員)

来院時の症状
妊娠30週

二人目の出産予定。今まで腰痛を経験したことはない。一人目の時も臨月に少し痛かったぐらいで痛みはでなかったが、先週検診の後突然腰の真後ろ、右のお尻のほっぺに激痛がはしる。少し休んでから歩いたら治っていたが、今後同じ症状がでると怖いので来院。子宮頚管などの問題はないが、お腹の張りが前回の出産よりも多いような気がする。

検査・原因分析
妊婦さん特有の反り腰。O脚は昔から。お腹は下の方で尖がっているお腹。
もとからのO脚のせいか、膝が極端に内側を向いている。太ももの外側の張りが強い。左右差はそれほど大きくないが、立位で少し右に捻っている。

施術プランと経過
まずは血行を良くする。膝が極度に内側を向いているため、お尻、太もも、鼠径部など、下半身を中心に流れをよくする。それと同時にベルトを使って、背筋のみに頼る立ち方の矯正。毎日続けられる体操もしてもらう。


1回目
シムス体勢にて下半身を中心にお尻、太ももをほぐし、動かし、血行をよくする。ベルトを持ってきていないため、布(トコちゃんアンダーベルト)を装着して、体の使い方の練習。
2回目(1週間後)
腰痛はすでに軽減。血行をよくした後、トコちゃんベルト(初産の時購入し、使用していなかったもの)の着用指導。で立ち方、歩き方の練習。
3回目(2週間後)
腰痛は無くなるがお尻の痛みが再発。マタニティ整体後、立ち方の復習。
4回目(3週間後)
腰痛、お尻痛無くなる。出産までよく歩くようにマタニティ整体後、歩き方の練習
現在(産後5週目)
産後腰痛が出てきたので、出張整体にて、産後の骨盤矯正の開始。