猫背

このような症状はありませんか?

  •  座り姿勢が悪いよく怒られる。
  •  首の後ろがぼこっと出ている。
  •  首の後ろがぼこっと出ている。
  •  立った時、下腹を突き出した立ち方をする。
  •  あごを前に突き出して立つくせがある。
  •  足を引きずって歩くためか、たまにつまずく。

猫背とは

猫背には3種類の”猫背”があります。
① あごが前に出ている(首の猫背)
② 背中の上位が丸い(背中猫背)
③ 腰がまっすぐ(腰の猫背)


①首の猫背とは

首の猫背の人は・・・
PC作業などが長い方に多い猫背で、「首の骨が真すぐになり、”ストレートネック”と診断される人も多い」猫背です。
首・肩こりになり、”寝違え”を起こしやすいタイプです。


②背中の猫背とは

背中の猫背の人は・・・
「姿勢が悪い!」とよく怒られるタイプの人。
これこそ、猫のように背中が丸くなって、ひどいと、まわりの筋肉が固くなり固定されてしまうため、”ぎっくり背中”になってしまいます。そうなるまで気が付かない人も多いのも特徴です。

ただし、同時に、いつも「姿勢を正しなさい!」と言われるため、その都度背中を伸ばし、また少し経つと丸まる、を繰り返すため、それがある意味背骨周りの運動となり、「痛みがあったことは無い」という人が多いのも特徴です。

肺を圧迫するので呼吸がくるしくなったり、するのはこのタイプです。


③腰の猫背とは

腰の猫背とは・・・
腰のカーブがなくなり、まっすぐになってしまっている人の事です。。

電車などでよく見られますが、椅子に浅く座り、背中は背もたれに着けて、足を前に投げ出した姿勢で座る人はこのタイプです。

腰がまっすぐの分、背中が丸くなり”猫背”と言われるわけですが、このタイプの人は「腰痛」持ちが多いのが特徴です。便秘になりやすく、女性だと生理痛が重いのもこのタイプの人。


こんな施術をします

3つの猫背の人達すべてに共通するのが、背中が全体的に固いということです。①のタイプは「首」、②のタイプは「背中」、そして③のタイプは「腰」が特に固く、背骨の動きが乏しくなります。

まずは、検査をもとにどのタイプの「猫背」か判断した後、タイプ別に一番固くなっている筋肉まわりを中心に背中を緩めます。その後、各関節の調整をし、動かしにくい骨周りをゆるめていきます。
自分でできる緩め方の体操と正しい姿勢、歩き方の指導をする事によって、正しい位置に体を持っていけるようにします。猫背の矯正には自分での努力も大切になります。小中学生のお子さんの施術もしておりますが、基本的に背中の筋肉や関節が固まりきっている訳ではないので、こちらは指導が中心になります。
勉強中の姿勢や楽しくできる体操など、毎日続けられる動作の指導をしていきます。


実際の症例 (20代女性 会社員)

来院時の症状
朝起きたら首が痛くなっていて、3日薬を飲んでいるが治らず来院。病院でストレートネックと診断された。

親に昔から背筋を伸ばしなさいと叱られていた。最近、仕事にヒールを履くようになってから、首の疲れが出てきたような気がする。頭痛はないが、たまに右側だけ、首から背中までピキッと一瞬痛くなる事があった。

検査・原因分析
①の首の猫背タイプ。
顎が前に出て、首から頭だけ、体の前にでているような姿勢。
右に倒すと右肩甲挙筋が痛み、左へは側屈できない。前に首を倒すと右の首の後ろが張って痛みが出る。
首の一番下の骨と胸骨の一番上の骨のあたりがボコッと盛り上がっている。

施術プランと経過
はじめは痛みが激しいので、まずはその痛みの対処をする。その後、首後ろ、肩甲骨、肩の関節を動きやすくすることによって、上半身の柔軟性をつける。首後ろを引っ張っている原因となっている頭を正しい位置に乗せられるようにするため、骨盤を矯正。体のバランスをつけさせた後、姿勢、歩き方と順番に指導して行く。


1回目
仰向けにて腕、首、顔、胸筋をゆるめ、体の緊張をほぐす。筋肉を解しながら体に動きをつけていく。施術後、怖いながら左右に首が曲がるようになる。胸と腕、頭をどの位置にもっていけばよいのか指導。
2回目(2日目)
翌日、仰向け、うつ伏せにて施術。背中の柔軟性もつけていく。姿勢指導と仕事中にできる、正しい体操の仕方を指導。
3回目(4日目)
痛みは引いたが、首を動かすのは怖い。施術後、首の正しい動かし方、体操の体のポジションを説明。
4回目(10日目)
骨盤周りも含め、全身のバランスを整える。右足首が固くなっているのでバランスが悪く戻りやすい。姿勢、歩き方の指導。
5回目(16日目)
立つときの腕の位置や歩くときの腕の振り方により、首が前に出ない姿勢をキープできているような気がする、との事。施術後、歩き方のチェック。
6回目(22日目)
主に歩き方に興味を持っている模様。首の位置を確認しながら、施術後、ヒールでの歩き方も指導。
7回目以降
まだ、ヒールでのバランスのとり方に苦労しているようなので、2週間に一度チェックを含めて来院。腕の位置が改善されてきた。今回は寝違えのような痛みを伴っての来院であったが、猫背による首・肩・背中の張りを取っていく事によって、痛みが再発しにくい体つくりを目指した。。